スクリーンショット 2015-10-07 16.23.32

グッドバイ☆グランマ

お久しぶりです。ナナメの宮入です。

今回は私の祖母に関することを書きたいと思います。

私事ですが、つい先日祖母が旅立ちました。

仕事を何とか片付けて長野行きの新幹線に飛び乗ったことを覚えています。

何故祖母のことをブログに書こうかと思ったのは、私の表現の原点となっているからです。

学生時代の卒業制作で、祖母を題材にした作品「ジュテーム☆グランマ」があります。

寝たきりになった祖母が亡き祖父に会いに行くお話です。

私が初めて、誰かのためにつくった作品でした。

祖母のためであり、家族のためでした。

制作した当時、祖母に見せた時は「まだ早いな、まだ早いな」とつぶやいていたことを思い出します。

 

 

祖母は下ネタが大好きなひょうきんな人だったので、お葬式なのに笑いが絶えず起こっていました。楽しいお葬式だったねというのも変ですが。

お葬式の会場には祖母の書道の掛け軸がずらりと飾られました。(祖母は書道が達者でした。)

そこに私の作品も一緒に展示させてもらえることになり、図らずも二人での展覧会となりました。

最後に二人で展示が出来たことは良い思い出です。

 

 

ばあちゃんが祐ちゃんに贈る言葉
一、大きな声で近所の人に挨拶をする

一、人の話をよく聞く

一、相手につたわるように話をする

一、男の子でも笑顔が大事

一、健康第一

一、良き友を見つける

一、なやみは早めに解消する

一、宮入家を守る事を忘れないでネ。

好きな道を歩けるしあわせ者だから自分を大切に頑張って下さい。ファイトファイト!

 

 

祖母が残してくれた言葉です。

あんまり守れていないのが、頭が痛いところですね。

言葉を胸に、日々生きて参ります。