boardgame

煮詰まった頭のアナログな溶かし方

こんにちは。先日、月面に1200坪の土地を購入したデザイナーの石田です。いつ土地見学いけるかな〜

 

最近めっきり寒くなってきましたね。

ナナメ設立&入社から、もうすぐ2ヶ月が立ちます。

 

私は普段、仕事ではほぼIllustratorしか使っていなかったのですが、

先週はエンジェルのように優しい宮入先生のご指導の下、

初めてAfter effectsとCINEMA4Dを仕事で使ってみました。

 

今まで平面で作っていたデザインが立体になったり、動くのを想像しながら作ってみたり…

XY軸でしか見えなかったものを、Z軸を使い空間でデザインを考えるということが少しわかり、表現の幅の可能性を改めて感じました。

 

1週間で教えてもらった事を踏まえ、ブログに載せる為に初めて学んで得た自分の力を出し切ってロゴを立体で作ってみました。

 

 

 

 

 

私「これブログに載せたらどうでしょうか(わくわく)」

 

 

 

 

社長「恥をさらすことになるから、止めとこう(真顔)」

 

 

 

 

 

 

これから数々の経験を積み、私が成長した時に今度こそブログに載せようと思いますので、

もう暫くお待ちください。

 

 

 

 

さて。

TOPの写真でみんなで遊んでいるのは、私のお気に入りの、

交渉と知恵で自分の領地を広げ都市を発展させていくボードゲーム「カタン」です。

 

ナナメのオフィスには休憩中にみんなで気分転換にやるWii UやPS4などが設置されているのですが、

 

その中でも私はアナログゲーム係を勝手に担当しています。

 

まだ数は少ないですが、ナナメには今「カタン」の他にも「ブロックス」「カルカソンヌ」があります(領地奪うものしかない………)

 

日本では、ボードゲームと言えば思いつくのは人生ゲームやモノポリーくらいかと思いますが、(最近では、日本発の渋すぎるボードゲーム、徳を溜めながら自分好みの庭を作っていく「枯山水」が少し話題になりました)

 

ドイツでは日本でいうテレビゲームの流通と同じくらい老若男女に愛され、

数多くのボードゲームが発売されています。

 

プレイヤー全員でウイルスと立ち向かったり、

追いかけてくる幽霊から逃げ回ったり、ゴキブリを押し付けあったり…

 

パッケージデザインやアイテムも、

ゲームの世界観に合わせて凝ったものがとても多くて、

 

Amazonから届いた際には、親にゲームボーイソフトを買ってもらって、帰りの車で説明書を読んでいたあの頃のと同等のワクワクを感じることができますよ!!

 

 

これから月1くらいで増やしていく予定ですので、

お打ち合わせのついでに、ぜひ一緒にいかがですか?

 

休憩がてらやったはずなのに、終わった後頭がどっと疲れていたりしますが…

 

仕事で煮詰まった頭には、とてもいい刺激になります。

 

戦略や駆け引きは今後の仕事に役立つこと間違いなしですね。

 

 

たくさん集まってきたら、アナログゲーム大会も開催したいなあ…

 

 

 

 

 

ちゃんと仕事もしてますよ!